入れ歯治療

img3入れ歯のことは義歯と呼びます。つまり義手や義足、補聴器やペースメーカーなどと同列の人工臓器であるということです。食べ物の消化や発音、見た目にも大きく関わってくるため出来る限り精密に作製し、見た目が良く、よく噛めるものを目指して作製しております。残っている歯や顎の条件が良ければ保険適用できるものを、見た目や耐久性を良くしたい場合や難症例につきましては回数や材料に制限のない自費診療のものをお勧めしておりますが、方針を押し付けることはありません。ご相談の上でご希望に沿ったものが作成できます。

義歯を支える歯は前処置から丁寧に行いますので、だめになり義歯を最初から作り直すようなことはほとんど起こりません。(予後が悪そうな歯は義歯を支える役割から外して設計します。)

又、保険の義歯だから痛いのはしょうがないということはありません。入れ歯安定剤が入るような余地がないように正しい形で義歯を作り、念入りに調整し、痛くなく食べられるように治療していきます。

特色としては金具が見えずによく噛めるコーヌステレスコープ義歯による治療も可能となっております。

どこの歯科にかかってもうまくいかなかったという方、お待ちしています。